データアナリスト

データアナリスト
Pocket

データアナリストとは

エンジニアから異職種へ転職する人が選ぶ仕事にデータアナリストというものがあります。データアナリストという名前はあまり聞いたことがない人も多いかもしれませんが、具体的な仕事内容はデータ分析で、エンジニアとしての経験を活かすことができます。これからの時代は、ビッグデータを活用して企業の商売効率を上げていける企業が勝ち上がっていくことになりますが、そこで必要になるのがデータ分析を専門とする人材です。データ分析をしていくと、省ける無駄や改善点などをはっきりと浮き上がらせることができるので、より一層経営の効率化を図ることができるようになります。

エンジニアの経験を活かす

エンジニアのスキルを活用すれば、データ分析のシステムを開発することができるかもしれません。企業が求めているシステムについての要望を聞いて現存しているプログラムを改善することもできますし、新たなプログラムの開発を提案することもできます。それらの仕事はエンジニアの仕事内容そのものでもあるので、過去のエンジニアとしての経験を丸ごと活かすことができます。プログラミングやインフラ構築などの作業が専門的になると、それぞれのエンジニアを集めて作業を進めていかなくてはなりませんが、プロジェクトチームをまとめた経験がある人ならばできる仕事です。

タイプ別に見たデータアナリストの仕事

データアナリストは、その仕事内容によって2つのタイプに分かれています。
ひとつはデータ分析結果に基づいて経営方針や手法に関係する提案をするコンサルタント型のデータアナリストです。このタイプのデータアナリストの場合、エンジニアとしてのスキルに加えてコンサルタントとしての要素が必要になります。データを細かく分析して改善点を見つけ出し、なぜその問題が起きているのかを理論的に分析します。そして、どうすれば問題を解決できるかについて仮説を立てて、予測される結果を踏まえて企業に提案をします。データアナリストが扱う問題は企業経営に関係することですが、問題に対する取り組み方は、システム開発を進行する際に発生する問題を解決する発想と同じなので、エンジニアの経験がそのまま役立つことになります。
もう一方のデータアナリストのタイプとしてはエンジニア型があります。具体的には、ゲームやWebサイトなどの運営にあたり、ユーザーの利用状況などのデータを解析し、サービスの改善を図っていくというものです。システム開発の流れを理解できるエンジニア経験者ならではの知識や技術をふんだんに活かして仕事をすることができるので、やりがいも多く感じることができるでしょう。

こちらの記事もおすすめです

  • 効率よく進めたいなら転職エージェントを
    効率よく進めたいなら転職エージェントを

    エンジニアの転職を成功させるのに役立つのが、転職エージェントです。転職の場合は個人で情報を集めるのがとても大変で、インターネットなどから得られる情報も十分なものとは言い難いものが多く、企業選びが難航してしまうことも少なくありません。転職エージェントを活用すれば、個人では知り得ない情報も教えてもらうことができますし、給与面などの条件が良くて人気の企業の非公開求人なども紹介してもらえるチャンスがあります。

  • フリーランスも視野に
    フリーランスも視野に

    フリーランスのプログラマーは在宅でもやりやすい仕事なので、会社員としてフルタイム労働ができない事情がある人や激務などを理由に転職を考えている人にとって、自分の持つ技術をフルに活かすことができるチャンスになります。長くフリーランスのプログラマーで居続けるためには努力が必要なので、最新の情報や技術についての勉強が欠かせません。プログラミング言語の中でも使用頻度が高いJavaは、今後も安定した需要が見込めるのでさらに理解を深めておきたい言語です。

  • 社内SE
    社内SE

    受託開発をしているエンジニアなどに多いのが、残業ありきのスケジュールで進行していくプロジェクトです。そのため、何かプロジェクトで問題が発生すれば労働時間はさらに長くなります。システム開発の場合、途中で細々とした問題が発生することは多いのでどうしても激務の連続になりがちです。そのようなことが理由で転職を考えるエンジニアにおすすめなのが社内SEです。開発案件があったとしても社内の仕事なので、受託のような激務にはなりにくく、ゆとりを持って仕事をすることができます。