経験が活かせる異職種は?

経験が活かせる異職種は?

エンジニアの仕事によって得た経験は、さらなるステップアップの土台にもなる貴重な財産になります。異職種への転職を検討する際には、エンジニアのスキルと経験を活かせる仕事をしたいと考える人も少なくありません。転職を希望する理由は様々ですが、激務が理由であれば、同じエンジニアの仕事でも社内SEなら受託や常駐ほどの激務にはならない場合もあります。その他にもデータアナリストやベンダーコントロール、フリーランスなど選択肢は多種多様です。

経験が活かせる異職種は?の記事一覧

  • 社内SE

    社内SE

    残業が多くて激務の日々を送るエンジニアの中には、転職をしたくてもエンジニアの仕事は続けたい人もいるでしょう。しかし、エンジニアの仕事に転職をして、また同じような労働条件だったらと考えると躊躇してしまうかもしれません。そのような人にぜひ検討をおすすめするのが社内SEの仕事です。社内SEの仕事は受託や常駐のエンジニアの仕事と同じような内容ですが、ギリギリの納期に追われて残業ばかりの毎日という働き方ではなく、ある程度のゆとりを持って働くことができます。

  • フリーランスも視野に

    フリーランスも視野に

    プログラマー経験者が転職を検討するのであれば、フリーランスという働き方も選択肢のひとつにしてみることをおすすめします。プログラマーの主な仕事は、コンピューターにプログラミング言語を入力する作業なので、場所に関係なく仕事をすることが可能な業種でもあります。残業ばかりでプライベートな時間が確保できない会社員や、育児などでフルタイム勤務が不可能な人などであれば、時間や場所を選ばずに仕事ができるフリーランスの仕事は魅力的です。

  • データアナリスト

    データアナリスト

    データアナリストという仕事についてあまり聞いたことがないという人も多いかもしれません。しかし、これからビッグデータの活用が企業経営にとって当たり前となっていく時代になって、データ分析のプロフェッショナルが活躍する場はどんどん増えていくことが予想されます。データアナリストの仕事は、コンピューターシステムを活用し膨大なデータを処理していくことになるので、エンジニア経験者にとってはやりやすい仕事でもあります。

  • ベンダーコントロール

    ベンダーコントロール

    IT系のプロジェクトに必要となるエンジニアを取りまとめ、全体を調整する役割を担うのがベンダーコントロールの仕事です。エンジニアからベンダーコントロールへ転身すると、システム開発をする側からシステム開発を依頼する側の立場に変わることになるので、それまでやってきたエンジニアとしての経験をそのまま新しい仕事に活かすことができます。ベンダーコントロールになると、エンジニアの時以上のコミュニケーション力も必要になります。

こちらの記事もおすすめです

  • 効率よく進めたいなら転職エージェントを
    効率よく進めたいなら転職エージェントを

    エンジニアの転職を成功させるのに役立つのが、転職エージェントです。転職の場合は個人で情報を集めるのがとても大変で、インターネットなどから得られる情報も十分なものとは言い難いものが多く、企業選びが難航してしまうことも少なくありません。転職エージェントを活用すれば、個人では知り得ない情報も教えてもらうことができますし、給与面などの条件が良くて人気の企業の非公開求人なども紹介してもらえるチャンスがあります。

  • フリーランスも視野に
    フリーランスも視野に

    フリーランスのプログラマーは在宅でもやりやすい仕事なので、会社員としてフルタイム労働ができない事情がある人や激務などを理由に転職を考えている人にとって、自分の持つ技術をフルに活かすことができるチャンスになります。長くフリーランスのプログラマーで居続けるためには努力が必要なので、最新の情報や技術についての勉強が欠かせません。プログラミング言語の中でも使用頻度が高いJavaは、今後も安定した需要が見込めるのでさらに理解を深めておきたい言語です。

  • 社内SE
    社内SE

    受託開発をしているエンジニアなどに多いのが、残業ありきのスケジュールで進行していくプロジェクトです。そのため、何かプロジェクトで問題が発生すれば労働時間はさらに長くなります。システム開発の場合、途中で細々とした問題が発生することは多いのでどうしても激務の連続になりがちです。そのようなことが理由で転職を考えるエンジニアにおすすめなのが社内SEです。開発案件があったとしても社内の仕事なので、受託のような激務にはなりにくく、ゆとりを持って仕事をすることができます。