激務な毎日

激務な毎日
Pocket

終わりが見えない仕事

多くのエンジニアが異職種への転職を考えています。エンジニアの仕事は毎日が激務なので、仕事自体は決して嫌いではない人でも、心身がもたなくなってしまうというのがその理由です。
エンジニアとプログラマーの仕事を混同されることも少なくありませんが、主にコンピューターへのプログラミング作業が中心となるプログラマーとは違い、エンジニアの仕事内容はシステム開発プロジェクト全体の管理を行うことです。クライアントとのミーティングはプロジェクト進行中に何度も行われ、開発するプログラム内容の調整などを行います。プロジェクト発足後は、細々とした計画の内容や進捗状況など全ての分野を把握して、納期に間に合うようチーム全体を導いていかなければなりません。仕事はどんどん積み上がり、夜遅くまでかかっても時間が足りないことが少なくない中、何らかのシステムトラブルが発生すれば直ちに対処していかなければならないのもエンジニアの仕事です。
エンジニアの場合はプロジェクトの責任者として多くの責任を背負っているためパソコンに向かって自分の仕事だけに集中することはできず、プロジェクトメンバーやクライアントとの連絡をこまめに行い、必要があれば直接やりとりをするために動きまわることになります。どんなプロジェクトも当初の計画通りにはいかないことがほとんどなので、何らかのトラブルがあるかもしれないことは予測できても、それがどの程度の規模のものかは起きてみないとわからないことでもあります。万が一大きなトラブルが発生してしまった場合にはプロジェクト全体の進捗にも大きく影響してしまうので、エンジニアは緊張の日々を送ることになります。

常駐先で神経を使う毎日

企業に常駐するという形で働くエンジニアの場合、実際に働く職場は他の企業内になるので周囲の人は同僚ではなく他の企業の社員ということになります。同じ空間で仕事こそしていますが、常駐という立場は周囲から見てもよその人なので、激務な上に居心地がいいとは言えない環境下に置かれている場合も多く精神的にもかなり疲れてしまいます。それでも何か問題があれば昼夜関係なく対応をしていかなくてはならない責任がエンジニアにはあるので、夜中に急遽呼び出されてしまうようなこともあります。勤務先はクライアントによって変わるので、通勤に便利な企業になるとは限らず、宿泊の出張や長期滞在型の出張をする機会もあります。
激務な上に移動が多く寝る間もないほど忙しい生活を送っていると、肉体的にも精神的にも疲れ果ててしまい、身体を壊してしまいかねません。これだけ激務が続くと、若くて体力があるうちは何とかなったとしても、長く続けることは難しいと考えるようになるのは無理のないことです。

こちらの記事もおすすめです

  • 効率よく進めたいなら転職エージェントを
    効率よく進めたいなら転職エージェントを

    エンジニアの転職を成功させるのに役立つのが、転職エージェントです。転職の場合は個人で情報を集めるのがとても大変で、インターネットなどから得られる情報も十分なものとは言い難いものが多く、企業選びが難航してしまうことも少なくありません。転職エージェントを活用すれば、個人では知り得ない情報も教えてもらうことができますし、給与面などの条件が良くて人気の企業の非公開求人なども紹介してもらえるチャンスがあります。

  • フリーランスも視野に
    フリーランスも視野に

    フリーランスのプログラマーは在宅でもやりやすい仕事なので、会社員としてフルタイム労働ができない事情がある人や激務などを理由に転職を考えている人にとって、自分の持つ技術をフルに活かすことができるチャンスになります。長くフリーランスのプログラマーで居続けるためには努力が必要なので、最新の情報や技術についての勉強が欠かせません。プログラミング言語の中でも使用頻度が高いJavaは、今後も安定した需要が見込めるのでさらに理解を深めておきたい言語です。

  • 社内SE
    社内SE

    受託開発をしているエンジニアなどに多いのが、残業ありきのスケジュールで進行していくプロジェクトです。そのため、何かプロジェクトで問題が発生すれば労働時間はさらに長くなります。システム開発の場合、途中で細々とした問題が発生することは多いのでどうしても激務の連続になりがちです。そのようなことが理由で転職を考えるエンジニアにおすすめなのが社内SEです。開発案件があったとしても社内の仕事なので、受託のような激務にはなりにくく、ゆとりを持って仕事をすることができます。