人間関係の悪化

人間関係の悪化
Pocket

チームで行う仕事ゆえの苦労

どのような職種でも人間関係が理由で仕事を辞める人は多いですが、異職種へ転職をするエンジニアも人間関係の悪化が原因である場合が少なくありません。
システム開発のプロジェクトは、複数人でチームを組んで役割を分担します。エンジニアはチームの中心となってプロジェクト全体を管理していくことになるので、個々のメンバーとのコミュニケーションがとても重要です。チーム内の風通しが悪くて連携がうまくいかないと、プロジェクトを計画通りに実行するのがとても難しくなってしまうため、エンジニアはメンバーの仕事の進捗状況を常に把握する必要があります。エンジニアと他のメンバーの連携が良いだけでなく、メンバー同士が協力体制を築くことができるような雰囲気作りも重要なので、気苦労が絶えない仕事でもあります。

クライアントの要望をまとめる難しさ

エンジニアの人間関係は社内にとどまらず、クライアントとの関係もつなぐ役割があります。クライアントがどのようなシステムを望んでいるのかを正確に把握するためには、専門知識を持ったエンジニアが上手に要望を聞き出せるかどうかが大事になります。クライアントは、システム開発について専門的なことを理解した上で具体的に依頼できる状態ではないことが多く、どのようなことができるのかもわからず要望が漠然としている場合もあります。そのような時にはエンジニアが専門的なことを理解しやすくクライアントに説明し、漠然とした要望を具体的な形にまとめていかなければなりません。最初の計画の段階でしっかりと要望をまとめておかないと後に大幅な変更が生じてチームに混乱を招く要因になるので、エンジニアの責任は重大です。
クライアントによっては、途中で大幅に計画を変更することがどれほど大変なことかを理解できず、納得してもらうのに苦労することもあります。クライアントの要望をしっかりと固めて基礎を作り、チーム全体で計画を共有できるように調整するまでに、エンジニアが人間関係に疲れきってしまう場合も少なくありません。

エンジニアが抱える人間関係の悩み

エンジニアは一緒に仕事をする人全てが同じ専門性を持っている人ばかりではないので、コミュニケーションに苦労してしまうことが多くあります。上司がITの専門知識を持たない場合、現場の現状を理解せずに無理難題を命じることもあります。いくら説明してもなかなか理解されないと、仕事を計画通りに進めることも難しくなり、クライアントに迷惑がかかる可能性もあります。結局はエンジニアにかなりのストレスがかかってしまい、転職を考え始めるきっかけになってしまいます。

こちらの記事もおすすめです

  • 効率よく進めたいなら転職エージェントを
    効率よく進めたいなら転職エージェントを

    エンジニアの転職を成功させるのに役立つのが、転職エージェントです。転職の場合は個人で情報を集めるのがとても大変で、インターネットなどから得られる情報も十分なものとは言い難いものが多く、企業選びが難航してしまうことも少なくありません。転職エージェントを活用すれば、個人では知り得ない情報も教えてもらうことができますし、給与面などの条件が良くて人気の企業の非公開求人なども紹介してもらえるチャンスがあります。

  • フリーランスも視野に
    フリーランスも視野に

    フリーランスのプログラマーは在宅でもやりやすい仕事なので、会社員としてフルタイム労働ができない事情がある人や激務などを理由に転職を考えている人にとって、自分の持つ技術をフルに活かすことができるチャンスになります。長くフリーランスのプログラマーで居続けるためには努力が必要なので、最新の情報や技術についての勉強が欠かせません。プログラミング言語の中でも使用頻度が高いJavaは、今後も安定した需要が見込めるのでさらに理解を深めておきたい言語です。

  • 社内SE
    社内SE

    受託開発をしているエンジニアなどに多いのが、残業ありきのスケジュールで進行していくプロジェクトです。そのため、何かプロジェクトで問題が発生すれば労働時間はさらに長くなります。システム開発の場合、途中で細々とした問題が発生することは多いのでどうしても激務の連続になりがちです。そのようなことが理由で転職を考えるエンジニアにおすすめなのが社内SEです。開発案件があったとしても社内の仕事なので、受託のような激務にはなりにくく、ゆとりを持って仕事をすることができます。