エンジニアによくある辞めたい理由

エンジニアによくある辞めたい理由

エンジニアが異職種への転職を意識し始める理由はいくつかあります。基本的に残業ありきのスケジュールが組まれていると、精一杯仕事を頑張っていても残業が減ることはなく、むしろ増える一方です。ある程度の残業なら仕方がないと思えても、残業が基本になってしまうような働き方ではいつか健康を損ねてしまいます。また、エンジニア特有の人間関係の難しさもあり、仕事そのものは嫌いではなくても続けていくのが困難な状況に追い込まれてしまうこともあります。

エンジニアによくある辞めたい理由の記事一覧

  • 激務な毎日

    激務な毎日

    システム開発プロジェクトの管理も担うエンジニアの仕事は、トラブルが発生すれば24時間体制で対処を迫られ、納期に間に合うよう全体の進捗に神経を尖らせなければならない激務の日々になる場合も少なくありません。チーム内やクライアントへの対処に追われつつ、消えてはまた出る問題を解決するために頭は常にフル回転しなくてはならず、心身共に疲弊しきってもなお倒れる暇すらない生活を送っていると転職を考えるようになる人も出てきます。

  • 多すぎる残業

    多すぎる残業

    激務のイメージが強く世間に浸透しているエンジニアの仕事は、残業ありきのスケジュールで仕事をしていて、そもそも定時には帰れない状況にある場合が多く見られます。調整しやすい個人の仕事は日中に行い、ミーティングなどの抜けられない仕事が定時後に設定されているならば必然的に残業が確定することになります。また、上司や同僚が残業していると先に帰りにくいという理由で、自分の仕事が終わっていても会社に残ってしまう人も少なくないのです。

  • 人間関係の悪化

    人間関係の悪化

    人間関係のストレスが全くない職場はあまり多くないかもしれせんが、エンジニアの場合は専門性が高い仕事の特性もあって人間関係の悩みも独特です。ひとつのプロジェクトをチームで協力して行うための調整もエンジニアが頭を悩ませる仕事になりますし、専門知識のないクライアントの理解を得ながら要望をまとめていくために説得力のある話をするのも大変です。また、専門知識や経験のない上司の無理解が原因で仕事に無理が生じ、大きなストレスになります。

こちらの記事もおすすめです

  • 効率よく進めたいなら転職エージェントを
    効率よく進めたいなら転職エージェントを

    エンジニアの転職を成功させるのに役立つのが、転職エージェントです。転職の場合は個人で情報を集めるのがとても大変で、インターネットなどから得られる情報も十分なものとは言い難いものが多く、企業選びが難航してしまうことも少なくありません。転職エージェントを活用すれば、個人では知り得ない情報も教えてもらうことができますし、給与面などの条件が良くて人気の企業の非公開求人なども紹介してもらえるチャンスがあります。

  • フリーランスも視野に
    フリーランスも視野に

    フリーランスのプログラマーは在宅でもやりやすい仕事なので、会社員としてフルタイム労働ができない事情がある人や激務などを理由に転職を考えている人にとって、自分の持つ技術をフルに活かすことができるチャンスになります。長くフリーランスのプログラマーで居続けるためには努力が必要なので、最新の情報や技術についての勉強が欠かせません。プログラミング言語の中でも使用頻度が高いJavaは、今後も安定した需要が見込めるのでさらに理解を深めておきたい言語です。

  • 社内SE
    社内SE

    受託開発をしているエンジニアなどに多いのが、残業ありきのスケジュールで進行していくプロジェクトです。そのため、何かプロジェクトで問題が発生すれば労働時間はさらに長くなります。システム開発の場合、途中で細々とした問題が発生することは多いのでどうしても激務の連続になりがちです。そのようなことが理由で転職を考えるエンジニアにおすすめなのが社内SEです。開発案件があったとしても社内の仕事なので、受託のような激務にはなりにくく、ゆとりを持って仕事をすることができます。