効率よく進めたいなら転職エージェントを

効率よく進めたいなら転職エージェントを
Pocket

転職エージェント活用のメリット

エンジニアから異職種への転職を成功させるなら、転職エージェントを活用するとかなり効果的です。しかし、転職エージェントの数はとても多いので、まずはその中から頼れるエージェントを探す必要があります。そこで、いくつかのエージェントをご紹介しながら、転職エージェントを活用することのメリットについて考えてみましょう。

転職がスムーズに進む

転職は、引っ越しをすることとよく似ています。古い住まいを出て新しい住まいに移る場合、間に不動産仲介業者が入って希望に合う物件を探し、顧客と一緒に見に行ったりします。業者は物件や居住環境などについての情報をよく知っているので、顧客の希望に近い物件を効率良く紹介することができるため、転居がスムーズになります。それと同じように、転職をする際にはエージェントが間に入って、利用者の希望に合う企業を見つけ出し、効率良く転職をサポートします。

ITエンジニア・Webサービス業界の採用企業と求人に関する豊富な情報をもつキャリアコンサルタントがひとつ上のレベルの転職をお手伝いします。

【パソナキャリア】

異職種の求人はこちら

転職専門エージェントの「パソナキャリア」は、利用者ひとりひとりの希望をしっかりと受け止め、徹底したサポート体制で転職を成功へと導いてくれます。

異職種の求人はこちら

エージェントでしか得られない情報がある

転職活動をひとりで行う場合、一番困るのが情報の少なさです。新卒採用とは違い、中途採用の求人には説明会のようなものがなく、インターネットで検索して出てくる情報に頼るしかありません。しかし、全ての情報が正しいとも限らないので、情報の取捨選択を行いながら慎重に企業を精査していかなくてはなりません。
転職エージェントの場合、人材を募集している企業の人事担当者などと連携しているので、インターネット上では見つけられないような企業の本音や要望について詳しく把握しています。

キャリアコンサルタントが、データサイエンティスト分野の転職事情や市場動向も踏まえてサポートします。

【データサイエンティスト転職ナビ】

異職種の求人はこちら

「データサイエンティスト転職ナビ」は、データサイエンティスト分野に特化した転職エージェントで、非公開求人情報も多数保有しています。

異職種の求人はこちら

個人では見つけることができないような高条件の求人を紹介してもらうことができるのも、転職エージェントならではのメリットです。

業界に詳しい第三者に相談できる

転職について相談したくても、同じ会社で働く同僚にはしにくい話もありますし、専門性の高い職種になると家族や友人にもなかなか相談できません。しかし、転職エージェントなら転職に関する悩みや不安を相談しやすく、冷静で客観的な意見をはっきりと言ってくれるので、単なる気休めの相談ではなくて本当に転職に役立つアドバイスを受けることができます。

IT業界に特化した過去の転職実績から、企業ごとの傾向や対策を踏まえ、きめ細やかなサポートを行います。

【リーベル】

異職種の求人はこちら

IT職専門の転職エージェント「リーベル」では、IT業界出身のコンサルタントに相談することができるので、的確で質の高いサポートを受けることができます。

異職種の求人はこちら

こちらの記事もおすすめです

  • 効率よく進めたいなら転職エージェントを
    効率よく進めたいなら転職エージェントを

    エンジニアの転職を成功させるのに役立つのが、転職エージェントです。転職の場合は個人で情報を集めるのがとても大変で、インターネットなどから得られる情報も十分なものとは言い難いものが多く、企業選びが難航してしまうことも少なくありません。転職エージェントを活用すれば、個人では知り得ない情報も教えてもらうことができますし、給与面などの条件が良くて人気の企業の非公開求人なども紹介してもらえるチャンスがあります。

  • フリーランスも視野に
    フリーランスも視野に

    フリーランスのプログラマーは在宅でもやりやすい仕事なので、会社員としてフルタイム労働ができない事情がある人や激務などを理由に転職を考えている人にとって、自分の持つ技術をフルに活かすことができるチャンスになります。長くフリーランスのプログラマーで居続けるためには努力が必要なので、最新の情報や技術についての勉強が欠かせません。プログラミング言語の中でも使用頻度が高いJavaは、今後も安定した需要が見込めるのでさらに理解を深めておきたい言語です。

  • 社内SE
    社内SE

    受託開発をしているエンジニアなどに多いのが、残業ありきのスケジュールで進行していくプロジェクトです。そのため、何かプロジェクトで問題が発生すれば労働時間はさらに長くなります。システム開発の場合、途中で細々とした問題が発生することは多いのでどうしても激務の連続になりがちです。そのようなことが理由で転職を考えるエンジニアにおすすめなのが社内SEです。開発案件があったとしても社内の仕事なので、受託のような激務にはなりにくく、ゆとりを持って仕事をすることができます。