フリーランスなら案件紹介エージェントを

フリーランスなら案件紹介エージェントを
Pocket

フリーランスのエージェント

企業でエンジニアとしての経験を何年か積んで異職種へと転職する人の中には、フリーランスのエンジニアになる人もいます。仕事をやればやっただけの報酬があり、自分の時間を自由に使うことができるので、正社員の頃にはなかった気楽さがあります。しかしその反面、収入が不安定で何の保障もないという心配と隣り合わせの生活になります。
フリーランスとして成功できるかどうかは、仕事を安定的に確保しつつ、報酬単価を上げていくことができるかにかかっています。個人で営業をして仕事を獲得するのはかなりの労力がいりますが、思った以上に成果が上がらないケースも珍しくありません。そこで、多くのフリーランスが活用しているのが、フリーランス向けの案件紹介エージェントです。エージェントでは、仕事を探しているフリーランスのエンジニアとエンジニアを探している企業をマッチングさせています。エージェントは単に求人案内をすることだけが仕事ではなく、双方の希望をしっかりと理解して条件交渉も代行してくれるので、営業が苦手な人でも高条件の案件を獲得できるチャンスがあります。
なお、最近の案件のトレンドとしてはやはり「Java」が好条件を獲得しやすく、今後もその流れに大きな変更はなさそうです。需要があり、なおかつ人材不足のJavaエンジニアは、経験年数が多少足りなくても高単価で受け入れられることが多いのです。

営業が苦手でも大丈夫

フリーランスのエンジニアが仕事を獲得するためには、自分から動かなければなりません。人脈を頼って営業をするか、クラウドソーシングサイトで案件を探すという方法などもありますが、どちらも高単価につなげにくく仕事も安定しないのが難点です。その点、専門のエージェントに会員登録さえすれば自分に合った案件を探して紹介してもらうことができるので、営業にかける労力をすべて仕事にかけられるようになります。

入場前も入場後も当社自慢の営業陣がフォローいたしますので、面倒なことは全てお任せください。

【アットエンジニア】

Javaの求人はこちら

「アットエンジニア」は、フリーランスのエンジニア専門の案件紹介エージェントで、エンジニアの持つ能力を最大限に活かせる高単価の案件を見つけ出し、参画を徹底的にサポートします。

Javaの求人はこちら

報酬を上げるための交渉を代行してくれる

フリーランス向けのエージェントを活用するメリットのひとつに、報酬アップのための交渉を本人に代わって行ってくれる点があります。個人と企業で交渉をすると、どうしても個人の立場が弱いので低単価での交渉になりがちです。しかし、エージェントが企業と交渉する際には、エンジニアの価値を客観的に評価して企業に伝えることができるので、その価値に合った適正な報酬を引き出すことができます。

レバテックフリーランスは、間に他社を挟まず、参画先企業と直接取引をすることによりマージンを低く押さえられ、かつ、これまでのマッチング実績により企業からの信頼が厚く、高い発注金額で案件を獲得できています。

【レバテックフリーランス】

Javaの求人はこちら

フリーランス専門の案件紹介サイトの「レバテックフリーランス」は、専門知識と交渉経験が豊富な専任のコーディネーターが、案件を探しているフリーランスに代わってしっかりと交渉してくれます。

Javaの求人はこちら

知識豊富な担当者に相談できる

エージェントに登録をすると、専任のコーディネーターがついてフリーランスの仕事をバックアップしてくれます。目先の案件探しだけでなく、その後のキャリアプランも相談することができるので、フリーランスとしてさらに成長していくための有益なアドバイスをたくさん得ることができます。

事前に伺っているあなたの魅力、技術を最大限アピールできるよう、専任コンシェルジュが隣でフォローアップします。

【スマキャリ】

Javaの求人はこちら

フリーランスのエンジニア専門エージェントの「スマキャリ」は、コンシェルジュと呼ばれている専任の担当者が、きめ細やかなサービスで初心者からベテランまでしっかりとサポートしてくれる安心のエージェントです。

Javaの求人はこちら

こちらの記事もおすすめです

  • 効率よく進めたいなら転職エージェントを
    効率よく進めたいなら転職エージェントを

    エンジニアの転職を成功させるのに役立つのが、転職エージェントです。転職の場合は個人で情報を集めるのがとても大変で、インターネットなどから得られる情報も十分なものとは言い難いものが多く、企業選びが難航してしまうことも少なくありません。転職エージェントを活用すれば、個人では知り得ない情報も教えてもらうことができますし、給与面などの条件が良くて人気の企業の非公開求人なども紹介してもらえるチャンスがあります。

  • フリーランスも視野に
    フリーランスも視野に

    フリーランスのプログラマーは在宅でもやりやすい仕事なので、会社員としてフルタイム労働ができない事情がある人や激務などを理由に転職を考えている人にとって、自分の持つ技術をフルに活かすことができるチャンスになります。長くフリーランスのプログラマーで居続けるためには努力が必要なので、最新の情報や技術についての勉強が欠かせません。プログラミング言語の中でも使用頻度が高いJavaは、今後も安定した需要が見込めるのでさらに理解を深めておきたい言語です。

  • 社内SE
    社内SE

    受託開発をしているエンジニアなどに多いのが、残業ありきのスケジュールで進行していくプロジェクトです。そのため、何かプロジェクトで問題が発生すれば労働時間はさらに長くなります。システム開発の場合、途中で細々とした問題が発生することは多いのでどうしても激務の連続になりがちです。そのようなことが理由で転職を考えるエンジニアにおすすめなのが社内SEです。開発案件があったとしても社内の仕事なので、受託のような激務にはなりにくく、ゆとりを持って仕事をすることができます。